DVDバックアップを活用するには

EzCAP HDでDVD・Blu-rayディスクその他映像機器のデータをバックアップ可能なのは
このサイトを見て頂ければ周知だと思われます。では、今回1歩踏み出してみましょう。

DVDバックアップでバックアップしたデータはずっとそのまま放置の状態?

万が一のバックアップの為に購入された方は、データを保存する事に重きを置けばいいですが、
せっかくDVD・Blu-rayのデータを保存したのですから、編集作業も気になりますよね。

EzCAP HDは外付け機器という機能だけではなく、購入すると

編集ソフトが付属されます。

この編集ソフトを活用すれば、

・映像の連結
・気に入った部分だけカット
・映像に特殊効果を加える

null

これらの作業が可能になります。映像データはどうしても時間が長いので、バックアップしたデータを
端末に取り込むには重すぎることも…。重要な部分だけ映像をカットして端末に入れてしまえば、
容量の心配も無くなります。また映像視聴の際の早送り・巻き戻しの操作が不要になります。

通勤・通学という限られた時間の中、端末で映像を楽しみたいのであれば、なるだけ面倒な作業は
失くしたいですよね。DVDバックアップ以上の事にも踏み出したいのであれば、付属の編集ソフト
もフル活用しましょう。

DVDバックアップは違法なのか?

DVDバックアップは違法にならないの?

と感じる方もいらっしゃると思います。EzCAPHDはキャプチャ録画により一連の複製作業を行う訳です。

2012年10月1日より「改正著作権法」が施行され、DVDコピーを行う際のリッピング作業が違法行為をして規定されました。
リッピング作業に関しまして、軽く触れておこうかと思います。そもそもリッピングとは、

DVDやBD等からデジタルデータをそっくりそのままパソコンに取り込んだり、パソコンで扱えるデータ形式に変換すること。

であり、DVDコピーにおいては有名な方法の一つです。1999年の著作権改正法で、DVDのコピーコントロールを解除してのリッピングは違法でしたが、
CSSというアクセスコントロールはこの著作権法に触れていませんでした。しかし2012年の改正では、CSSなどのアクセスコントロールを解除してのリッピングも違法となりました。
(http://www.xn--qckubxcwe1b7758agxybim9c.com/参考)

先ほどの記事でも述べたEzCAPHDは、このようなリッピング作業を一切しないですし、
キャプチャ録画によるバックアップ作業ですので、コピーガードの解除も行いません。

当たり前ですが、私的複製の範囲を超えては法律違反になるので、その点に関してDVDバックアップを取る際は充分注意しましょう。

EzCAPHDとは何なのか

先ほどの記事で、バックアップについて軽く述べた後にEzCAPHDについて
書き始めました。気になる方もいらっしゃると思いますので、EzCAPHDについて説明しようと思います。

まずEzCAPHDとは、下記画像の外付け小型機器になります。

DVD・Blu-rayを丸ごとキャプチャ録画して、映像データを保存するPC不要の外付け機器

になります。注目すべきは、PC不要であるということです。
DVD・Blu-rayのコピーソフトというのは大抵PCにインストールして使用する物が多いです。

インストールすると何が問題かといいますと、PCの容量が重くなり、通常の動作速度が遅くなったり、応答が無くなったり
作業に支障をきたす事があります。DVDバックアップの為のPCならともかく様々な作業を行うPCでは
上記の状態が頻繁に生じてはいけません。

EzCAPHDは外付け機器ですので、PCに関する心配は一切要りません。
DVDバックアップ後の映像等の編集作業ではPCは使用しますが、バックアップを取ること自体の作業ではPCは不要になります。
つまり、映像データのバックアップ作業だけを行いたい方にはうってつけの商品になります。
バックアップ以上の作業を行いたい方にもふさわしい商品です。というのも編集ソフトが付属されるからです。

次の記事ではDVDのバックアップについて記そうかと思っております。

DVDのバックアップ

バックアップという言葉は聞いたことがありますか?
この言葉について簡単に説明しますと、

データの複製(コピー)を行い、問題発生時にデータが復旧出来るように備えること。

(Wikipedia参考)

だそうです。つまり、いつ問題が生じても大丈夫なように
別のデバイスに元のデータを複製して保存することになります。
万が一PCがウィスル等に感染してデータが削除されても、バックアップを取ってあれば、
いつでもデータの復旧が行えます。大事なデータはバックアップを取っておくことが、
プライベート・仕事共に必要となるのです。

ワード・エクセル等のデータはもちろん様々なデータのバックアップがありますが、
皆さんは映像のバックアップを取る作業を考えた事がありますか?
DVDやBlu-rayを持っているだけで満足はしていませんか?
ディスク上のデータを保有していれば、安心と思っている方がいるとすればそれは間違いです。
DVD等の保管状態が悪いと、劣化により映像再生出来ない事もあります。
実際私の友人も映像が見れなくなる事が何回かあったそうです。
つまり、いつディスクの劣化による鑑賞不可が起きても大丈夫な様に、
DVDバックアップを取るのは大事な作業となります。

では、どのように・何をしてDVDバックアップを取ればいいのでしょうか?
インターナル社が販売している”EzCAPHD”という機械があるのですが、
これがDVDバックアップを取る際に非常に力を発揮してくれます。

気になる内容は次の記事で。

DVD以外のバックアップ

EzCAP HDはDVDのバックアップがメインと思われがちですが、
実はDVD以外でもバックアップが可能な機器なのです。

映像を見るディスクとして最近はBlu-ray ディスクも話題です。
DVDより高画質の映像が見れるディスクとして話題ですが、EzCAP HDは
Blu-rayディスクのバックアップも可能となります。

EzCAP HDではリッピング等の方法ではバックアップは行いません。
代わりにキャプチャ録画という方式を取っているので、DVD・Blu-ray共に

画質の劣化を心配すること無くバックアップが可能

という事になります。例えディスクを傷つけたり、紛失してしまっても
バックアップがあればいつでも復旧出来ます。付属の編集ソフトを利用すれば、
バックアップのデータをディスクに書き込む事も可能になるので、安心です。

ディスクについてばかり述べましたが、EzCAPHDはHDMIコンポーネント、コンポジットの入力端子も搭載
しているので、ゲーム機、VHSプレーヤー、8mmビデオなど、ほとんどのAV機器から映像を録画できます。
特にVHSや8mmビデオはホコリ等の影響を受けやすいので劣化が激しいです。
家に眠っているのであれば、出来るだけ早くバックアップしてデータ化したい所。
EzCAPHDを利用して、劣化しやすい映像データのバックアップを行うのが最適です。

外付けDVDバックアップ小型機器

前の記事ではバックアップの重要度について軽く述べましたが、
この記事では実際にソフトを使用せずにDVDバックアップを取る方法を書こうかと思います。

ソフトを使用しないってことは、何か機械を使用するの?

そう思った方も多いと思います。

…見事に図星です。勘が鋭い!
でも機械というとゴツイとか操作困難とか、普段機械に触れない方は苦手意識が湧くと思われます。
私自身も物凄いパソコンが出来るわけでは無いので、このDVDバックアップを行ってくれる機械を購入しようか
迷いました。でも今では大満足です。その機械の名前とは…その名も…!

EzCAP HD

と呼ばれる物です。簡単に言うと外付け小型機器ですね。小型なのもポイントですよね。
ビデオデッキ・DVDプレイヤー等の大きい機械を想像した方も多いでしょうが、
小型なのでどこにでも置くことが出来、収納面は見事にクリアしてくれます。

では、肝心の機能はどうでしょうか?
操作方法は簡単、

機械本体をテレビとDVD・BDプレイヤーの間に設置して、
本体にUSBメモリーか外付けHDDを繋いでDVDを普段通り再生させるだけ!

この操作だけで、DVDの中身・映像をUSB等のデータ保存機器にバックアップを取ってくれちゃいます☆
簡単ですよね? ソフトだとインストールして、操作等が複雑だったりしますが、
このEzCAP HDはボタン一つで簡単にDVDバックアップを取ってくれます。

1回USBにデータを書き込めば、スマホやタブレット端末にもデータを移す事が出来ますし、
元のDVDが視聴不能になっても再びDVDを作成できますし、EzCAP HDはとても便利な道具ですよね。
皆さんも購入を検討してみてはいかが!?

DVDのバックアップをする前に知っておきたい|バックアップとは?

DVDのバックアップを行う前に知っておきたい「バックアップ」とは?

DVDに限らないのですが、何事も自作した場合はバックアップをとっておく必要がありますよね。

なんでもそうですが、元データが破損・故障したときの絶望感たるやないですね。

しかも、DVDを自作するなんてとんでもなく時間がかかりますから、バックアップを取っていないせいでその作業時間が全て水の泡です。

DVDを自作するときには、必ずバックアップは行いましょう。

バックアップとはなんぞや

話は全然変わりますが、「バックアップ」という言葉の定義は一体なんでしょうか?

普段結構当たり前のように使っている「バックアップ」ですが、バックアップの定義について調べてみました。

バックアップとは、支援や予備のことであり、このうち情報工学におけるデータやシステムのバックアップとは、これらの複製(コピー)を作成し、たとえ問題が起きてもデータを復旧できるように備えておくこと。

Wikipedia

Wikipediaによるとバックアップとは、支援や予備のことだそうです。

普段使っているバックアップも大方予備という意味合いで使用しているので、Wikipediaの通りですね。

まぁ、Wikipediaが間違っている可能性もなくはないので、weblio辞書でバックアップを調べてみました。

バックアップ【backup】
①球技で,守備者の失策などに備えて,後ろに回って補助すること。カバー。
②支持して,もりたてること。 「財界が-する候補者」
③コンピューターで,誤操作などによるデータ-ファイルなどの破壊や誤った更新に備えコピーを作っておくこと。また,コンピューター-システムの故障時に,代わりに働くコンピューター-システムを用意しておくこともいう。

weblio辞書

weblio辞書では、Wikipediaと違って補助という言葉が出てきましたね。

ただ、Wikipediaと同じく予備的な意味があるので、Wikipediaも間違いではなさそうです。

知らず知らずのうちに使っている言葉でも調べてみると面白いですね。

【2015年最新】DVDのバックアップができる「EzCAP HD」の詳細とは?

DVDをリッピングぜずにバックアップを手軽に行うことができる「EzCAP HD」のスペックをご紹介します。

ezcap_01

これが、DVDのバックアップを行える映像録画機器「EzCAP HD」です。

<DVDのバックアップを気軽に行えるEzCAP HDのスペック>

【EzCAP HD本体】

cap001

これがEzCAP HDの本体です。

大きさは画像の通りiPhoneと大体同じくらいです。

【EzCAP HD付属コード】

EzCAP HDを購入すると、もれなく各種ケーブルがついてきます。

・本体用アダプタ

・コンポジットケーブル

・コンポーネントケーブル

・HDMIケーブル

・レシーバー

これだけのコードがついてくるので、EzCAP HDが届き次第即DVDのバックアップをすることができますね。

【EzCAP HD付属CD-ROM】

EzCAP HDを購入すると、付属品としてCD-ROMがついてきます。

このCD-ROMは、「PowerDirector DE10」という動画ファイルの変換や編集ができるソフトです。

EzCAP HDでDVDのバックアップをし、バックアップデータである動画ファイルを編集したりするときに利用してみてはどうでしょうか。

【EzCAP HDのその他スペック】

EZCAP HDのその他スペックを紹介します。DVDのバックアップを行うためには、必要なものばかりです。

出力映像形式 mp4(H.264)

対応USBフォーマット NTFS(サイズ最大2TB)、FAT32(2GB毎にファイルが分割)

対応入力信号 HDMI、コンポーネント、コンポジット

出力信号 USB2.0、HDMI

ビットレート 最大16Mbps

電源アダプター DC5V2A

本体寸法・重量 112×116×22mm・150g

EzCAP HDはDVDのバックアップデータを直接ハードディスクに保存できる点がミソ

だから、Macしか持っていない方でも手軽にDVDのバックアップができるんです!

様々な環境でDVDのバックアップができるEzCAP HDはオススメです。

>>>DVDのバックアップができるアイテムの詳細

DVDのバックアップをしたい場合に便利なアイテム

DVDの映像をバックアップしておきたい場合、パソコン用のソフトを使うことが当たり前になってきているかもしれません。

しかし、ソフトを使ってDVDのバックアップを行うことにはデメリットもあります。

パソコン用のソフトを使ってDVDのバックアップを行う場合、DVDの再生とバックアップを同じパソコンで行わなければならないので負荷がかかります。

そのため、あまり低スペックのパソコンでDVDのバックアップを行うと映像がカクついたりして、うまくバックアップできないんですね。

これを解消するには、パソコンのスペックに依存しないバックアップ方法を行う必要があります。

パソコンスペックに依存しないバックアップ方法とは、ソフトではなく映像録画機器を使ってDVDのバックアップを行う方法です。

そんな映像録画機器なんてあるのかと思われるかもしれませんが、簡単にDVDのバックアップを行える機器があります。

その名も、「EzCAP HD」です。

ezcap_01

<EzCAP HDを使ったDVDのバックアップ方法>

1.EzCAP HDをDVDレコーダーと、テレビもしくはパソコンのディスプレイに接続する。

2.DVDレコーダーにDVDをいれ、再生させる。

3.ディスプレイを見ながら、バックアップしたい場面が再生されたらEzCAP HDのボタンを押しバックアップをスタートさせる。

たったこれだけの3ステップでDVDの映像を見ながら、バックアップを行うことができます。

今やDVDのバックアップはパソコン用のソフトで行うのではなく、EzCAP HDの映像録画機器を使うのが主流になってくるかもしれませんね。

>>>DVDのバックアップができるアイテムの詳細

DVDの「コピー/リッピング/バックアップ」。いろいろな呼び方があります。

DVDのデータ(映像)をコピーするには、様々な呼び方があります。

DVDのコピーだったり、DVDのリッピング。

DVDのバックアップと呼ぶ場合もありますね。

DVDのリッピングは、既にご存知かも知れませんが日本では違法なので、DVDのリッピングはやってはいけません。

リッピングは、基本的にはDVDに収録されているデータを抜き取る(リップする)ことだけを指すのですが、
多くのリッピングソフトは、DVDにかけられているコピーガードを解除した上でリッピングを行うので、使用してはいけません。

どうしても、DVDの映像をバックアップしたいのであれば、リッピングではなくキャプチャーコピーするのがいいでしょう。

DVDのキャプチャーコピーが分からない方もいると思いますが、DVDのキャプチャーコピーとはDVDの映像をそのままキャプチャーすることをいいます。

DVDの映像をキャプチャーすることで、DVDの映像をパソコンにバックアップできるという寸法です。

「DVDのキャプチャーなんてパソコンへの負荷が高くて、どうせカクつくんでしょ?」

とお思いの方もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

ソフトウェアではなく、ハードウェアを使えば以外とすんなりDVDの映像をバックアップできます。

次回からは、DVDの映像を手軽にバックアップできる方法を紹介します。

>>>DVDのバックアップできる方法の詳細とは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ